FC2ブログ

どうでもいい独り言を日々連ねるブログです
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


忙しい。

2年目突入と同時にでかい物件を担当させられて脳内火の車です。
段取りやら何やらでパニくりかけてます。

てな言い訳で今までの趣味が何一つつけられずストレスたまりっぱなしなのです。
HPは全然未更新になっちまうし…orz

ただ、5月6月は恐らく時間が空くかも、というか心の余裕ってもんができる可能性が!
希望を胸に4月を乗り切ろうと思います。

鬱話題はこれぐらいにして…。


今年は北京五輪が行われる年です。
五輪の前にまず聖火リレーというのを各国でやるんですが、
なんかそのリレーに新競技ができたというのです。
それが「エクストリーム・聖火リレー」という競技。
ちなみにエクストリームというは生命限界ギリギリで行われる、究極状況下で行われる競技の総称だとか。
聖火リレーなのに?と思う人もいますが、内容見てみると確かに「エクストリーム」なわけです。

簡潔に言うと「聖火を守る」「聖火を消す」というシンプルルール。
聖火を守るのが聖火を持って走るランナー、およびそれを警備する警察官など、総称して「リレーチーム」。
聖火を消そうとするのが、様々な思惑を持っている「妨害チーム」。
この2チームが競技するのが「エクストリーム・聖火リレー」というわけです。

当然、聖火リレーは各国で行われるので、各国にアメリカチームやフランスチーム、もちろん日本チームなどが存在します。
それらのチームの優劣はポイントをもって決します。
たとえば1人の妨害行為には10ポイント、逮捕・拘束で50ポイント。
消化に至っては1500ポイント、さらに聖火の種火を消すと9000ポイントが得られます。
最高得点は全ての火の鎮火で自動的に優勝が決まってしまうほどの威力があります。

逆に減点行為もあって、ケガの頻度による減点や武器使用などの減点もあります。
死亡に発展すると-3000ポイントになってしまうのです。

こんな競技が今、各国で開催されており現在1位がフランスチーム。
内訳はというと
拘束28名 1400P
旗 美術点として50P
警備 構成点として50P
乱入25名 1250P
乱闘 規模により変動で1000P
消化 1500×3
てな感じで不動の1位に輝いてます。

なんともダークな競技なんですが、こんなのが勃発するにも訳があるそうです。
開催国が独裁国家、言論統制、テロ支援、民族浄化、日常的な五輪ボイコットなどの要件に当てはまったら開催されるとか。
要は開催国の中国に問題があるからこんなことになっちゃった訳なんですかね。
ちょうどチベット問題とかで揺れてますしね。

ただ、このなんというか闇五輪的な競技は全世界で注目を集めてるのも事実なわけでして。
我が日本の開催日が4/26長野みたいなので、ちょっと注目してみようかと思います。
スポンサーサイト




















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2018 ( ´ー`)y─┛~~ヘビースモーカーの独り言, All rights reserved.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。